不動産バブルはなぜ弾けたの?

不動産バブルはなぜ弾けたの?

不動産バブルはなぜ弾けたの? 1985年に行われたアメリカをはじめとする先進5か国のプラザ合意によって、わが国では為替相場を円高ドル安に誘導する政策が実行されますが、これによって逆に国内の景気が冷え込んでしまったことから、金融緩和による打開策が講じられます。公定歩合が引き下げられ、お金が借りやすくなった日本では、企業の設備投資の増大、賃金水準の上昇による消費の拡大などの好循環が生まれ、バブル景気が到来します。
大企業や銀行などでは余った資金を不動産に投資し、さらなる価格の上昇で利潤を得るスタイルも確立しますが、このことが実質的な価値に見合わない急激な地価高騰を招き、サラリーマンが容易にマイホームを取得することができないという弊害が生まれました。新聞などのメディアは一斉に財務当局を批判し、その結果として打ち出されたのが総量規制や地価税の導入などによる抑制策です。
この政策により不動産価格は暴落してバブル経済そのものも破綻し、その後の長期にわたる不況の引き金となってしまいました。

不動産を転がして巨万の富を得る仕組み

不動産を転がして巨万の富を得る仕組み 不動産を低価格帯で購入して、付加価値を備えて高く販売すれば、利益が得られます。地価が低く、利用価値が限定的な土地は、安く購入できます。ある程度の地価の不動産であっても、競売にかけられていれば市場の相場よりも安くなります。競売物件は必ず定期的にチェックすると良いでしょう。
住宅が建築できる土地か、用途地目にも注目しましょう。不動産を転売する方法もありますが、安く購入してから付加価値を備えさせる仕組みを理解できれば、利益を蓄積できるようになります。ひとつの不動産を賃貸経営すれば、安定した家賃収入が得られます。
ひとつに限定せずに、土地を購入してからリフォームや新築などを加えて売却し、連続的な仕組みとして確立するのがポイントです。連続して購入と売却をし続けるので、毎回必ず利益が得られます。家賃収入のような安定さがありませんが、短期間でも複数の物件を取り扱えるメリットもあり、巨万の富を得るチャンスにできます。

新着情報

◎2018/5/8

資格取得から挑戦してみよう
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産登記の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

不動産バブルはなぜ弾けたの?
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

人気エリアの変動ぶり
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

不動産に投資をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 バブル」
に関連するツイート
Twitter