不動産をするなら知っておきたいこと

資金では老後のお金が年金でまかなえるかどうかは非常に不透明となっています。そういった時代の流れを背景に資産運用を始める人が少しずつ増えてきています。
普段忙しいサラリーマンにとって不動産を購入して運用することは株やFXのように時間にとらわれることが無いとてもオススメの資産運用方法です。最近はフルローンで物件を買うこともできますが、やはりある程度の自己資金を持っておいた方が安全です。
そんな不動産の資産運用をするための自己資金の作り方を学んでおきましょう。

収益用不動産を購入する自己資金の作り方

収益用不動産を購入する自己資金の作り方 サラリーマンの人が不動産を資産運用するための自己資金を作るためには毎月受け取る月給から少しずつ貯蓄していくという方法がメインになるでしょう。
成功させるためにはあらかじめ毎月貯金する金額を決めておき、給料を受け取ったら貯蓄分はすぐに天引きしましょう。この天引きは給料の受け取る額に関係なく必ずおこなうようにします。給料が少なければ普段の生活で節約してやりくりするようにしましょう。また、不動産投資を始めると毎月の経費を出来るだけ節約することが重要になります。そういったトレーニングの一環として、毎月の固定費を見直し、節約できるところは節約していきましょう。
節約した分は少しずつ貯蓄に回していくことで、さらに目標に到達するまでの期間を短くできます。

不動産購入~運用でかかる総額は?

不動産購入~運用でかかる総額は? 不動産投資をするときには、土地建物の購入に関わる費用と運用に関わる費用が必要となります。
土地建物の購入に関わる費用としては、仲介手数料、売買契約書作成に必要な印紙税、登記時に必要な登録免許税と司法書士への報酬、ローン事務手数料、団体信用生命保険料、火災保険料があります。さらに、不動産取得税と固定資産税が課されることを忘れないようにしましょう。売買金額や固定資産税評価額によって必要な費用は異なりますが、あらかじめ試算して概算費用を出しておくことが大切です。なお、物件が仲介物件ではなく課税業者の直売物件の場合は仲介手数料は必要ありませんが、建物価格に対して消費税が必要です。
また、運用に関わる費用としては、管理費用、修繕費用、固定資産税・都市計画税、ローン返済があります。これらの費用は不動産投資での利益の有無に関係なく必ず発生する費用です。ただし、管理委託会社を比較検討して管理費用を節約したり、繰り上げ返済を利用して返済額を調整することなど費用の節約は可能です。
このように、不動産投資で収益を上げるためには、購入時に必要となる費用に加えて継続して発生する運用費用を考慮しなければなりません。しっかりとシミュレーションして、これらの費用を負担しても利益をあげることができる物件なのかを見極めた上で投資することが大切です。

おすすめ不動産関連サイト

希望の条件や要望もしっかり聞きながら部屋探しを手伝ってくれます

池袋周辺の賃貸を探すなら

新着情報

◎2018/5/8

資格取得から挑戦してみよう
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産登記の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

不動産バブルはなぜ弾けたの?
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

人気エリアの変動ぶり
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

不動産に投資をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 運用」
に関連するツイート
Twitter